パンが無ければ牛肉を食べればいいのよ

アクセスカウンタ

zoom RSS つきささるもの

<<   作成日時 : 2010/09/09 11:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6


画像



黒板の文字に気が付いたのは、
今年の2月に逝った母方の祖父の通夜でした。

「十一月十七日の朝初雪を見る」

と、書いてあります。

祖父が、独りで14〜5年住んでいた家の玄関にある黒板です。

真面目で几帳面で厳格でした。
粋や風流や芸術や面白みとは縁遠い人だと思っていました。
孫には優しい笑顔を見せる人でした。
タバコをよく吸う人でした。



黒板は2枚が上下に重なっています。
文字はその真ん中の線をまたいでいます。
が、日本語の文章を区切るのにふさわしい箇所でまたいではいません。
「十一月十七日の朝 初雪を見る」となるはずです。
几帳面な祖父が、こういうところは雑だったのだなと思って見ていました。



残したいと思いましたが、
通夜の際にはバタバタしていたので、
盆に帰省した際にデジタルデータとして収めました。

しばらく眺めていました。

親戚が通りかかったので、
「これいいね」と言いました。

「ああ、ばあさんの書いたやつか」
「よく10何年も残ってるよね」

ん?

!!



そうかこれは祖父ではなく、
14〜5年前に逝った祖母の書いた文字だったのか。

祖母は自由で奔放な印象の人でした。
ケラケラとよく笑う人でした。
文章の区切りの位置にもなんとなく納得がいきました。



この黒板の向かいには、
寝室のある2階へと続く階段があります。

10何年もの間、
祖父は毎朝1階へ降りる度に、
祖母の残した文字を見ていたのだろうか。









叔父(祖父の長男)が戦中からあるこの家をリフォームしたそうで、
どれほど奇麗になったのかと見てみれば、
リフォームしてあったのはトイレだけでした。

査定額が低すぎるのもあり、家は残すそうです。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
恥ずかしながら泣いた。
ミスドの端っこの席で。
泥団子
2010/09/09 13:03
いつもお世話になっております。
わたしも「ぐっ」ときました。
今度詳しく話を聞かせてくださいね(^^)
レディーFOXっ!!
2010/09/09 15:52
>泥団子
泣くなよ。面白いから。顔が。



>レディーFOXっ!!
初コメントおめでとうございます。
こちらで勝手に祝賀パーティーを開いておきます。

今度詳しく話します。

で、ええと、どちらさまだろう?w
牛肉
2010/09/10 10:42
おじいちゃんの毎日を想像したら
もう、泣けて泣けて。
ミスドの隅で面白い顔しちゃった。
泥団子
2010/09/10 14:09
さて 誰でしょう??
ヒント:泥団子といつもお昼たべてます( ´ ▽ ` )ノ
レディーFOXっ!!
2010/09/10 15:06
>泥団子
泥団子の泣いてる姿を想像したら
もう、おかしくておかしくて。
松屋の隅で吹き出しちゃった。

>レディーFOXっ!!
おまえか!
今日のラッキーアイテムは露出の多いトップス!
牛肉
2010/09/10 16:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
つきささるもの パンが無ければ牛肉を食べればいいのよ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる